最終更新日
R06/06/05
更 新 履 歴 安全協会について 改正道路交通法 交通安全運動 セーフティガイド 運転免許の更新 関連団体リンク
 
(このホームページは会員の皆様の会費で管理・運営されています)
 
/// 令和6年交通安全年間スローガン ///
〇運転者(同乗者を含む)に呼びかけるもの)
 今日もまた あなたの無事故 待つ家族
〇歩行者・自転車利用者に呼びかけるもの
 身につけよう 交通ルールと ヘルメット
〇こどもたちに交通安全を呼びかけるもの
 わたるまえ わすれずかくにん みぎひだり

 気象情報によると、平年の東北北部の梅雨入りは6月15日頃、梅雨明けは7月28日頃とのことです。昨年は6月6日頃に梅雨入り宣言がありましたが、今年はどうでしょうか。
 雨が降っていると、ちょっとした外出も車を利用したくなりますよね。ひどい雨降りの日であればこそ、買い物や送り迎えに重宝するのが車です。
 でも、運転でヒヤリとして経験が多いのも雨の日ではないでしょうか。視界不良や濡れた路面でのスリップなど、ドライバーにとってはストレスが増すのが雨の日です。視界が悪くなるのはドライバーだけではありません。歩行者も傘などで前方不注意になりやすいことから、事故のリスクは高まる一方です。
 これ、知っていましたか? 雨の日と晴れた日を比べると、1時間当たりの交通事故件数の割合で、雨の日が約5倍になるそうです。皆さんも、当然、雨の日が多いだろうとは思うでしょうが、5倍にもなるというのは驚きではないでしょうか。これだけ多くなるのは、一体どの様な原因があるのでしょうか。ここでは、そんな雨の日でも安全運転を続けるためのポイント、気をつけるべき要点について紹介します。
●スリップと視界不良による事故
  晴れの日は追突事故が多いのに対し、雨の日はガードレールや建物への衝突事故が多くなります。それは、スリップや視界不良がその主な原因となっているのですが、中でも多いのがスリップです。スリップと言えば、その原因はお気づきでしょうか。ご存じのとおり、それはスピードの出し過ぎです。スピードを控えて運転していれば、スリップを防ぐことができます。
●ハイドロプレーニング現象
  スリップ事故が起きやすくなるのは時速60km以上ですが、スピードを出せば出すほど危険が増すのがハイドロプレーニング現象です。これは、タイヤと路面の間にある水がタイヤの溝によって排出されず、タイヤが水の上を滑る状況になってしまう現象です。もちろん、スピードが出るほど危険度が高まります。
●重要度が増す定期点検
  雨の日にこそ大切になる車の部品と言えば、タイヤとワイパーです。溝が減ったタイヤでは、うまく水を排出できません。一方、視界を守ってくれるワイパーも、ゴムが痛んでいると雨水を排除してくれません。定期点検で良好な状態に!
●分かりにくい歩行者の存在
  ワイパーが働いているフロントガラスこそよく見えますが、その他の窓は雨粒で視界がはっきりしません。歩行者も傘で前がよく見えない状況ですので、車の回りに歩行者がいないか、常に存在を気にかけて運転するようにしましょう。
●自車の存在を周囲に知らせる
雨の日は周囲が薄暗くなり、お互いの存在が分かりにくくなります。周囲を知り、自車を知ってもらうためにも次の行動を励行しましょう。
 
ライトを早めに点灯し、土砂降りになったときなどはリアフォグも活用する
進路変更ではウインカーを少し早めに点灯し、ゆっくりとしたスピードで走行する
車間距離を十分に空けて運転し、必要に応じて早めにクラクションで注意を促す

交通事故発生件数(令和6年5月31日現在)
   紫波署管内  岩手県全域
5月発生 年間累計 前年比較 5月発生 年間累計 前年比較
人身事故件数 4 28 5 117 526 -43
死 者 0 0 0 2 13 2
負傷者 5 37 12 146 639 -44
 
高齢者が犠牲になった比率(岩手県)
平成30年 令和元年 令和2年 令和3年 令和4年 令和5年
交通事故死亡者 59 45 46 35 37 35
(うち高齢者数) 40 31 31 24 23 21
高齢者比率 67.8% 68.9% 67.4% 68.6% 62.2% 60.0%

入会のご案内
 安全協会に入会していただいてる方には心から感謝申し上げます。
交通安全協会は、悲惨な交通事故を無くするために組織された交通事故防止活動をしている、社会奉仕団体です。
 紫波交通安全協会では皆様の会費により、日頃の交通安全活動を実施しております。
具体的な活動状況については、

 ○ 各季節交通安全運動中における
  ・テント作戦 ・黄色い羽根の配布活動 ・ライトの早め点灯作戦
  ・飲酒運転撲滅運動チラシ配布活動 ・幟旗の設置 ・看板の設置
 ○ 通年活動として
  ・教養資材(DVD・ビデオテープ)の貸しだし ・体験型交通安全教室実施等 また、
  ・交通安全コンクール ・インターネットホームページの更新 ・優良運転者の表彰
  ・免許更新予定者への連絡など

数々の事業を実施しております。
 新規に運転免許証を取得された方、また、運転免許更新をされた方について交通安全協会に入会していただけますようによろしくお願いいたします。
さらに詳しい内容は 入会のご案内(PDF 81KB) をご参照下さい。
高齢者の安全運転クイズ
高齢者の安全運転に役立つポイントをクイズ形式にまとめました。
利用環境に合わせてダウンロードしてご利用下さい。
 Power Point スライドショー (.zip) (319KB)
 PDF形式 (.pdf) (2,425KB)
交通安全運動の模様 令和5(2023)年
 交通安全運動の活動の模様をご覧いただけます。

  → 交通安全運動の様子 令和5 (2023)年

全国・東北・岩手県の交通事故発生状況 (令和2年は概数)
区分 全 国 東 北 岩 手
令和2年 令和元年 令和2年 令和元年 令和2年 令和元年
発生件数 309,178 381,237 16,552 20,159 1,658 1,968
死者 2,839 3,215 242 280 46 45
負傷者 369,476 461,775 19,862 24,347 1,953 2,380
 
紫波警察署管内の交通事故 町別発生状況
区分 紫波警察署管内 紫波町 矢巾町
令和2年 令和元年 令和2年 令和元年 令和2年 令和元年
発生件数 91 110 50 41 41 69
死者 3 0 2 0 1 0
負傷者 114 129 61 46 53 83


ハンドルキーパー

見舞金制度

平成24年12月1日
(改訂)

自分のための
みんなのための
新しいルール

改正道路交通法
平成29年3月12日
施行

準中型免許が
新設されます!
 
本ホームページにはAdobe Reader6.0(またはAcrobat Reader5.0)が必要なコンテンツが含まれています。これらはAdobe社のホームページから無料でダウンロードできます。 Get Adobe Reader

紫波交通安全協会
〒028-3307 岩手県紫波郡紫波町桜町字大坪33
電話
019-676-3588
copyright©2002-2024